チェコアニメ

チェコアニメ TOP15

チェコアニメ鑑賞

ジャンル特化型レビューサイト:レポカボックスがお届けするチェコアニメ好きユーザーによるクチコミランキング!

1位

対話の可能性

監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 

対話の可能性

5.0 「永遠の対話」「情熱的な対話」「不毛な対話」の三編構成です。
個人的には不毛な対話がもっとも好きです。二人の話が噛み合ったり、ずれていったり、口論となる様子が、言葉を使わずに描かれています。噛み合わない描写がとてもシュールで、まあ実際人間の会話ってこんな感じだよなと思い返されます。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 2位

アマールカ

監督:ヴァーツラフ・ベドジフ 

アマールカ

5.0 ツイッターのスタンプが好評で、女子中高生の間で一気に人気となったアマールカ。
日本語吹き替え版DVDも出ましたが、やっぱり原作の、全声おじさんボイス版で見るのが味があります。特に、子羊があやしげな草を食べて、幻影が見えたり崖に向かって一心不乱に走っていったりするお話は、そんなアブナイ話子ども向けアニメで大丈夫?!と心配になりますw ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 3位

陥し穴と振り子

監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 

陥し穴と振り子

5.0 ポーの陥穽と振子、リラダンの希望をあわせた作品です。
原作を読む前にこの作品を見ると、見事にぞっとする良作ですが、原作2つを読んでみると、リラダンの希望は超えられてない印象です。こちらが気に入った方はリラダンの残酷物語という短編集、オススメします。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 4位

タフなビリーとジャイアントモスキート

監督:ヴァーツラフ・ベドジフ 

タフなビリーとジャイアントモスキート

5.0 決してかわいい絵面とはいえないのに、見慣れると愛着がわいてとても可愛くみえる不思議なアニメ。
どこらへんがタフなのかよくわからないタフなビリーが蚊を撃退していく短編アニメです。タフなビリーシリーズはいくつかありますが、ビリーの顔が全然違う適当具合もいいです。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 5位

LUNACY

ホラー

監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 

LUNACY

5.0 シュヴァンクマイエルの長編映画です。
ホラーというジャンルにするには違和感があるようや気もしますが、見終わった時の気持ちは紛れもなくホラーです。ホラーとは何かを考えさせられる作品ともいえます。シュヴァンクマイエル本人が冒頭に出てきて自ら解説をしたり、本当の精神病患者を使って精神病棟を描くなど、斬新なつくりです。不思議と何度も見たくなる、でも二度と見たくない映画です。でも明日も見ます。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 6位

闇・光・闇

監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 

闇・光・闇

5.0 小部屋に片手が現れるところから始まり、体のパーツが次々にやってきて、最終的には成人男性一人が完成するというショートフィルム。
両耳はくっついて蝶のように舞っていたり、脳みそがやってきて頭を開いて放り込むなど、斬新な描写がグッときます。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 7位

山賊の話

山賊の話

5.0 上品に育った山賊の息子が、山賊の跡継ぎに指名されたものの、上品すぎて山賊業ができないというストーリー。
追い剝ぎが上手にできずに悩む彼に、牧師さんが上品に金品を奪う方法を提案してくれます。今も見かけるあの方々は、この山賊の息子の名残だったんですね。気になる方は映像を探してみてくださいね。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 8位

エンド・オブ・ザ・キューブ

監督:ズデニェック・スメタナ 

エンド・オブ・ザ・キューブ

5.0 アニメの中の人物が、アニメの外枠と格闘したり、自ら奥行きを書き広げていく。
しかしこのアニメ、すべてはエンディングのための前置きという感じもします。最後のシーンで、主人公はキャンバスに三角を描き、そこで「ジャーン」となって終わるのですwまさにキューブの終わり。なんだそりゃ、という感じもしますが、深いといえば深い。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 9位

おじいさんは40人

監督:ヴァーツラフ・ベドジフ 

おじいさんは40人

4.0 アマールカで有名なヴァーツラフ・ベドジフ作の単発アニメです。
老夫婦のもとに、入れたものが増えて出てくる壺が現れるのですが、お金を入れてどんどん増やしている最中に、間違っておじいさんがその壺に入ってしまうというお話です。40人に増えてもいつも通りの生活を続けるおじいさんに、おばあさんがヒステリックを起こす様など、頭を使わずにたくさん笑えるアニメです。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 10位

雄弁家

監督:ブジェチスラフ・ポヤル 

雄弁家

4.0 雄弁家というタイトルなのにセリフが一切出てこないところが良いです。
自分の講演がお客さん達の頭の中でひらめきや喜びを生むイメージをしているが、実際にはまるで誰の心にも響いていない雄弁家の話です。お客さんの頭の中で雄弁家が語ったことが整然と組み直されたり、かえってごちゃごちゃしたり、むしろ聞くのをやめて別のことを考え始める様子が、とてもうまく表現されています。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 11位

視角の外

監督:パヴェル・コウツキー 

視角の外

3.5 行く先々で叱られ、翻弄される主人公。
の人形を動かし、一コマ一コマ撮影する監督。を一コマ一コマ動かす更に外側の人、と、アニメの外側がどんどん開かれていく。最後に主人公が自分を叱った相手を蹴飛ばして監督にヒットすることで、外の世界への逆襲を果たしたとも取れます。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 12位

緑の森のバラード

監督:イジー・バルタ 

緑の森のバラード

3.5 割られた薪たちの春と、それを邪魔しにくるカラス、最終的にはカラスは火あぶりにされ、薪が勝利するも、薪は薪なので火に焚べられて終わり、というシュールな短編。
薪たちに中途半端に人間の顔が描かれていたり、火が草を使って描写されているところがなかなか面白いです。 ♀20後

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 13位

ひなぎく

監督:ヴェラ・ヒティロヴァ 

ひなぎく
楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 14位

樫の葉が落ちるまで

監督:ヴラスタ・ポスピーシロヴァー 

樫の葉が落ちるまで
楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る 15位

test

楽天で詳しく見る Amazonで詳しく見る
総合ランキング 注目ランキング
検索 チェコアニメ