緑の森のバラード

評価:3.5 (1人)

割られた薪たちの春と、それを邪魔しにくるカラス、最終的にはカラスは火あぶりにされ、薪が勝利するも、薪は薪なので火に焚べられて終わり、というシュールな短編。

薪たちに中途半端に人間の顔が描かれていたり、火が草を使って描写されているところがなかなか面白いです。

3.5
チャートデータ
オプション
オリジナルリンク
違反

詳細情報

緑の森のバラード のカタログ