この世界の片隅に

ドラマアニメ
評価:3.5 (1人)

火垂るの墓強化版

予告をみてもピンとこなかったけどタイムラインとレビューサイトの評価がすごく高く、見終わった後に悪い気分ではない的な感じだったので映画館に行ってきた。 ドジでのろまの主人公すずのほのぼの日常系と勘違いして同じ犠牲者を出したくないのでネタバレ込みで書いておく。 まず印象に残っているのは終盤の敗戦のラジオ放送を聞いた主人公の怒りの叫び「最後の一人になるまで戦うんじゃなかったのかよ!まだここに5人残ってる!左腕も両足も残ってるのにー!」※右腕は中盤に爆弾でぶっ飛ばされています さらにそのとき手を繋いでいた義理姉の娘、晴美は当然死にました。絵が得意だったすずが中盤以降片腕に包帯を巻いている痛々しい姿ではほのぼのと感じるのは難しかった。 たまに年代が10年何月とか20年とかでてきて1945年に戦争が終わるのは知っていたけど昭和何年か意識していなかったので強風が吹いたかと思えばいきなりキノコ雲が現れて、これもしかして原爆じゃね?とひとり驚いた。 最後はパラレルワールドですずと晴美の位置が逆ですずが死んでそのあとアルティメット化した晴美が現れるのもよくわからなかった。こわかった。教育映画としては良い。

3.5
チャートデータ
映画館
オプション
切なさ 笑い
恐怖 共感
感動 興奮
快さ 好奇
オリジナルリンク
違反

詳細情報

この世界の片隅に のカタログ